いつもブログを読んで頂き有難うございます。

 

肩こり

肩こりに悩まされている人は、想像以上に多いようです。日本人の男女ともに上位にランキングしてしまうほど深刻な悩みです。

 

原因は首すじ、首のつけ根あたりから肩や背中にかけての不快感、重圧感、こり感、鈍痛などをいい、比較的若年から中年にかけての女性に多く、短期間の場合もあれば長期間にわたる頑固なものもあります。

 

頭痛や吐き気をともなったりすることもあります。

 

首から肩から背中にかけて、いろいろな筋肉がありますが、肩こりと深い関係のある僧帽筋が肩こりの主な原因の筋肉と言われています。

 

f:id:keiichi-s:20170906191108j:plain


原因

肩こりは、意外に複雑な因子が関与して現れており解明されていない点も多いのですが、原因として数多くの疾患や、現代社会のパソコンやスマートフォン、運動不足、姿勢、ストレス、冷え症、ショルダーバッグ…

 

座ったまま編み物、読書、書き物などを長時間していて肩がこったという経験は、ほとんどの人がもっていると思います。これは、前屈位の姿勢を長時間とると、肩より少し前にある重い頭を支えるために、うなじの筋肉が緊張状態を強いられることが原因です。

 

それに加えて、現代社会のパソコンやスマートフォンが肩の筋肉をさらに緊張させることになります。

 

過労も原因になりますが、この場合は過労になるような長時間の仕事自体に問題があるように思います。

 

もともと筋肉は緊張したり、ゆるんだりという運動をリズムをもって行っていれば、血液の流れがよくなって疲労しにくいのですが、いつも同じように緊張していると血流が悪くなって疲労してしいまい、これがある限界をこえると痛みを生じて筋肉も硬くなり、肩こりがおこります。

 


肩こりの原因について書いてきましたが、気や血が停滞してこりやだるさをひきおこすものもあります。

 

少し難しいかもしれませんが東洋医学で書かせてもらうと…

後頭部から首、肩にかけてかたく張って頭痛をともなう肩こりはストレスが原因。
肝の気が停滞して肩のあたりにたまってこりを生じます。

 

肩を触ると硬くしこりになっていて、強い肩こりを感じるのは、瘀血(けつお)による肩こり。血流が停滞して肩に鬱血(うっけつ)があります。外傷や姿勢の悪さが原因となることもあります。

 

太っている人の場合、肩がこっているという自覚はあるのに触ると筋肉はやわらかく、こりが見つからないことがあります。体内の余分な水分が痰(たん)となって停滞し循環を悪くして、こりをおこしています。

 

反対に自分ではこっているという自覚がないのに触ると硬いのは、筋肉にうるおいや栄養を与える血が不足しておこる肩こりです。

 

東洋医学は奥深いのです

また、東洋医学に触れてみますね。

 

最後まで読んでくださいましてありがとうございました。